このエントリーをはてなブックマークに追加

実行画面の出力をテキストに落としたい場合など screenのウィンドウ間でコピー&ペーストを行いたいことがあります。 screenのウィンドウ間でコピペを実施するにはコピーモードを利用します。 コピーモードに入ると画面をさかのぼって範囲選択して、コンソール出力の履歴をコピーすることができます。

コピーモードを開始するには以下のコマンドを入力します。

Ctrl - t
Ctrl - [

または

Ctrl - t
ESC

画面下部に以下のようなメッセージが表示されると思います。これでコピーモードに入っています。

Copy mode - Column <カーソル位置> Line <行番号>

コピーモードに入ったらコピー範囲を指定します。コピー範囲は、Spaceキーで指定することができます。 方向キーなどでカーソルをコピー範囲の最初の位置に移動します。 Spaceキーを入力すると、最初のマークが指定されます。

さらに方向キーなどでカーソルをコピー範囲の最後の位置に移動して、もういちどSpaceを入力します。 この時点でコピーモードを抜けてしまいますが、範囲選択した内容はscreenのコピーバッファーに保存され、画面の下部には以下のようなメッセージが表示されます。

Copied <文字数> characters into buffer.

コピーした内容をペーストするのは以下のコマンドです。

Ctrl - t
Ctrl - ]

screen上のペースと先のウィンドウ(テキストエディタなどを開いているウィンドウ)等で 必要な位置で上記のコマンドを入力します。

コピー範囲の選択を途中でやめる場合は、ESCキーを入力することでコピーモードを抜けられます。



コメント投稿
最大255
最大1000
最大255
Email never displayed on this site. 最大255
Site is displayed. 最大255

記事一覧へ