このエントリーをはてなブックマークに追加

screenのセッションをattachする時のオプションには、いろいろなバリエーションがありますが もっとも基本なのはrオプションによる指定です。

rオプションでは、PIDまたは、PIDとTTY、PIDとTTYとホスト名で接続するセッションを指定できます。

screen -r <PID[.tty[.host名]]>

$ screen -ls
There are screens on:
      7140.ttys000.yourhostname (Detached)
      7184.ttys004.yourhostname (Detached)
2 Sockets in /var/folders/1b/gs6_s1813g97d6kjfhwqvyx80000gn/T/.screen.

1番目のセッションに接続してみます。

$ screen -r 7140

これで正常に目的のセッションに接続できているとおもいます。

$ screen -ls
There are screens on:
      7140.ttys000.yourhostname (Attached)
      7184.ttys004.yourhostname (Detached)
2 Sockets in /var/folders/1b/gs6_s1813g97d6kjfhwqvyx80000gn/T/.screen.

PIDが7140側のセッションがAttachedになっています。



コメント投稿
最大255
最大1000
最大255
Email never displayed on this site. 最大255
Site is displayed. 最大255

記事一覧へ