このエントリーをはてなブックマークに追加

ネットワークが切れても再接続

いちばんクリティカルかつ重要な機能は、突然ネットワークが切れても screen上のセッションをscreenが維持し続けてくれて、 ネットワークが切れる前のセッションに再接続ができるということです。

普通ならフォアグラウンドで実行していたプログラムは、 不意のネットワーク切断で止まってしまいます。しかし、 screen上で動かしているプログラムは動き続けます。 ネットワークが回復すれば再接続して結果を確認することもできます。

attach/detachの機能を利用することで、 仕事場で使用しているデスクトップPCのセッションを切断だけしておいて、 ノートPCから再接続することも出来ます。 別の場所から同時に同じセッションに接続できたりもします。

ネットワーク経由での作業において、 安定性とポータビリティが非常に高い環境を実現できます。

ひとつのターミナル内に複数のウィンドウ

ひとつのターミナルにscreenを起動して、 screenの中でたくさんの作業ウィンドウを開くことができます。

デスクトップ上でTeratermなどのTerminalを大量に開いて作業しているひとは、 (自分自身がそうであったように)別のPCに移ったり、朝PCを立ち上げると、 昨夜と同じTerminal配置を再現したくなります。

Terminal内でscreenのウィンドウをたくさん開いた状態(セッション)であれば、 作業環境はもともと継続されているので、 同じセッションに再接続するだけでよくなります。 作業環境のポータビリティはさらにあがります。



コメント投稿
最大255
最大1000
最大255
Email never displayed on this site. 最大255
Site is displayed. 最大255

記事一覧へ